あなたは貯金できる人?できない人?

0-14貯金はお金を貯めていくだけだから誰にでも出来ると考えている方はいらっしゃいませんか。ところが、その考えははっきりと言えば間違いなのです。
貯金はできる人とできない人が分かれているものであり、中々出来ない方もいらっしゃるのです。自分も含め、自分の周りの人が全員貯金できているか考えてみてください、おそらく全員はできていないことでしょう。
単純にお金を貯めるだけではないことがお分かりになると思われます。以下では貯金できる人と、貯金できない人の特徴についてそれぞれ紹介します。

 

・貯金できる人
貯金できる人の多くは、自分の出費をきちんと把握していることが多いのです。
収入などを把握しているのはもちろん、自分がどういった物を消費したりするときにお金を使うかをきちんと把握しています。
支出が把握できていれば、自分の消費行動も把握できますので、抑制することも可能なのです。
貯金できる方は自分のお金の使い方を知り、それを抑制して貯めておくことができるのです。

 

・貯金できない人
貯金できない人の多くは、自分がどのようにお金を使っているかも実はよく知らないのです。
とにかく手元にあるお金を使いまくり、いつのまにかお金がないという状態になっています。
そのため、常にお金が無いという感情に取り憑かれ、お金を手に入れてもすぐに使ってしまうのです。
こんな人が貯金できるはずもなく、お金は減る一方なのです。

 

お金を貯金できるのは、自分のことをよく知り、生活についてきちんと考えている方に限るのです。